ステップ バイ ステップ > グルーガンでパーツ作り(型の溝が細深い花類 編)

シリコーンモールドを使って
グルーガンでパーツ作り
(型の溝が細深い花類 編)


曲げたり、必要な部分だけ切ったり、
アクリル絵具やスタンプ(ステイズオン)で
着色出来るパーツが作れます。

●準備するもの●
■シリコーンモールド(型の溝が細深い花タイプ)
チラシ画像1→コチラ チラシ画像2→コチラ
■322-0313グルーガン  ■グルースティック数本  ■シリコンマット
グルーガン・
スティック・シリコンマットのチラシ画像→コチラ
■238-3000ヒートツール3000 チラシ画像→コチラ
■金属のパレットナイフ(エッジが真っ直ぐのもの ※熱に耐えられる金属製)
金属のパレットチラシのチラシ画像→コチラ
■粘着テープ(グルーのバリを取る)
■冷水が入ったトレー(流し込んだグルーを冷ます)
■台(φ2cm程の物、ビンや消しゴムなどなど)

【始める前に】グルーガンの特性を知っておきましょう。
グルーガンの特性とは、ノズルが5分程で熱くなり、グルースティックがその熱で溶けて、
本体のレバーを引くと、溶けたグルーが出る。ある一定の温度以上にならないとグルーは出ません。
連続噴出量:
スムーズに出る量は、グルースティック約1本
        ※続けて2本目のグルーを出そうとすると熱量が足らなくなり、グルーが出にくくなるので、
         しばらく待ち、グルーガンが熱くなってから、グルーを再度、出すことができます。
なので、大きいモールドに流し込む際、端から順に流し込むと途中で、グルーが出にくくなります。
グルーが出にくいまま続けたり、休みながらグルーを出すと、パーツの気泡やシワの原因となります。 
その解決方法をご紹介します。
★グルーガンやヒートツールをご使用の際は、換気をしながら使用しましょう。


【ステップ1】
モールドを押し拡げて、
グルーを入れやすくする。

テーブルにモールドより一回り小さい物
(φ2cm程の塊(ビンや消しゴムなどなど))を
置き、その上にモールドを置く。

そうすることで、
モールドのフチを押さえるだけで型が拡がり、
グルーが入れやすくなります。

【ステップ2】グルーを適量入れる。
まず、押し拡げたモールドの
一番奥までノズルを入れる。

グルーを出しながらノズルを引き抜く。
その時、グルーの量を、その溝から溢れないようにすること。
(このモールドでは、花びら1枚分のグルーしか出さないように。)

←失敗例(グルーの出し過ぎ)
グルーをそれ以上出すと、溢れたグルーで他の溝が隠れ
グルーが入れにくくなりキレイに出来ません。

←失敗例
(グルーを出し過ぎた結果、花びら先端にグルーが届いていない)

他の溝を隠さないように、グルーの量は、多すぎず、少なすぎず、
その溝に適した量を入れることでキレイにパーツが出来ます。

【ステップ3】全ての溝(花びら)に同様にして、グルーを埋める。
花のモールドは、1枚ずつ花びらにグルーを埋めてきます。
いろいろな角度から見て、入れ忘れが無いかチェックをしましょう。
塗り忘れが有れば、グルーを入れる。

【ステップ4】熱を当てる
グルーの下に、気泡が隠れているので、
ヒートツールの熱を軽く当てる。
隠れた気泡が、目に見えて出てくるので、
グルーガンのノズルで潰して、グルーを塗る。


【ステップ5再度、グルーを流し込み(全部埋める)
型内にグルーを全て入れる。

【ステップ6】裏側になる面を平らに整える。
前準備:下にシリコーンマットを敷きましょう。
机角に必ず、シリコーンマット面がくるようにしましょう。

アイロンで平らにする方法
メリット:非常に簡単に作業することが出来る。
デメリット:バリや気泡が裏に残りやすい。
パレットナイフとヒートツールで平らにする方法
メリット:周りのバリがほぼキレイに取れる。
デメリット:作業がめんどくさい


クッキングシートを被せる。
モールド全てが被るぐらい、クッキングシートを被せる。

動作:流し込んだグルーがめくれ無いようにするため、
図のように中心から外側にパレットナイフを動かして、
溢れたグルーを取り除き、
その後、また中心から反対方向の外側に取り除く。
余ったグルーを全て取り除けるまで、必要に応じて繰り返す。


アイロンで押さえる。 
中温の温度のアイロンで、上から押さえる。 
押さえつつ、アイロンをスライドさせて、
余分なグルーを押し出す。
しっかりと押さえないと、周りのバリが分厚くなり、
【ステップ8】でバリが取れなくなります。


まず始める前に、
ヒートツールでパレットナイフを温め、
溢れたグルーも温める。

クッキングシートを剥がさずに熱を冷ます。

パレットナイフが型内をえぐらない様に、
凹んでいないモールド面に
パレットナイフの先と根元が当たる様にしましょう。


軽く冷めたら、クッキングシートを剥がす。
クッキングシートを剥がすと、薄いバリが残ります。


パレットナイフ面を動かす方向に約45度傾け、
傾いたナイフ側面(エッジの直線部分)を
モールドにやさしく押しつける。
ヒートツールの熱をナイフに当て続け、温める。
バターを塗る感じにナイフをゆっくりゆっくり右へ動かす。
その時、必ずヒートツールも等間隔に並走させる。
 
パレットナイフに付いたグルーを、
机角のシリコーンマットでこすり取る。
その時も、ヒートツールの熱をナイフに当て続け、温める。
 
再度、同様に中心から左に取り除く。

【ステップ7熱を冷ます。
そのまま置いて熱を冷ましてもいいが、水の中へ入れて、早く冷まさせてもOK。
水の中へゆっくり入れる。熱を冷まさせる。
モールドが厚い物は、表面が冷めても中心部は、まだ熱い。
なので、しっかり冷まして、
モールドの表裏に手を当てて、少しも温かさが無い事を確認。
冷たければ水から取り出す。モールドについた水を拭き取る。
まだモールドからグルーパーツは外さないこと。

【ステップ8】周りのバリを取る。    
モールド外側に垂れて固まったグルーは手で取ってしまいましょう。

モールドの平らな面に、まだグルーのバリが薄くあるので、
粘着テープをパーツ部分に少し被るように貼る。

テープを剥がすと
バリが粘着テープにくっついてキレイに取れます。
※厚いバリは、型から取り外した後に、
 ハサミで、切り取りましょう。

【ステップ9】型から外して完成。

完成したグルーのパーツは、
アクリル絵具やスタンプ(ステイズオン)で着色出来ます。
家具や額の装飾、曲面に貼りつけたり、
ハサミで切ったり、いろいろ出来ます。