ステップ バイ ステップ > 細いラインにフォイルを貼る

フォイル接着ペンを使って
細いラインにフォイルを貼る


マーカーで描いたライン上に
フォイル接着ペンで細かくフォイルを接着させることができます。


絵具やマーカーで表現しきれない金や銀など高輝度のメタリックへ。
金のマーカーの線上に、金フォイルが適しています。
銀のマーカーの線上に、銀フォイル各種が適しています。
白のマーカーの線上に、透明イリデッセントフォイル各種が適しています。

●準備するもの●
■転写フォイル(今回は金(YK-S-1))→コチラ
■転写フォイル専用の接着ペン(532-4824)→コチラ
■マーカーで描いた作品(今回は金マーカーのライン)
■ドライヤー

【ステップ1】フォイル接着ペンの準備
ペン先を図の形のペン先に差し換える。

【ステップ2】ペン先まで液を出す。
不要の紙などにペン先を押し当てて、
軸内の液(乳白色)をペン先まで染み込ませる。

【ステップ3】ライン上に液を塗る(描く)
液(乳白色)がラインからはみ出ないように気をつけながら塗る(描く)。

【ステップ4】乾燥させる
塗った液(乳白色)を透明になるまでドライヤー又は自然乾燥。
透明になるまで完全に乾燥させる。
※十分乾燥させることでフォイルの箔が貼りつく接着力がでます。

【ステップ5】フォイルフィルムを貼る
完全乾燥後、フォイルフィルム裏(マット面)を接着面側にして被せる。

フォイルフィルム上から指の腹でしっかり捺す。

【ステップ6フォイルフィルムを剥がす。
フォイルフィルムを剥がす。
剥がすと箔が転写した部分のフィルムは透明になり、
転写しない箔は、フィルム側に残る。
フォイルの箔が移っていない箇所に
再度、箔があるフォイルを捺し当てる。
※どうしても箔が移らない箇所は、もう一度、接着ペンを塗り、繰り返す。
フィルムに箔tが残っているフォイルは保管しておきましょう。次回使えます。

【ステップ8】完成。
これで、絵具やマーカーで表現しきれない
金や銀など高輝度のメタリックにすることができます。
金のマーカーの線上に、金フォイルが適しています。
銀のマーカーの線上に、銀フォイル各種が適しています。
白のマーカーの線上に、透明イリデッセントフォイル各種が適しています。
各転写フォイルでいろいろな表現が可能です。

ステップ バイ ステップ ホームへ戻る