ステップ バイ ステップ > チョークボードペイント(マルチサーフェイス)を使って塗ってみました。

  
チョークボードペイント
(マルチサーフェイス)

を使って塗ってみました。



金属の缶にペイント
使用ステンシル608-5626 チラシ画像→コチラ


額(ガラス板)にペイント
使用ステンシル670-1011 チラシ画像→コチラ


いろいろな素材に塗れる
チョークボードペイント(マルチサーフェイス)
チラシ画像→コチラ

木はもちろん、ガラス・磁器・ペーパーマシェなど
いろいろな素材に塗れる黒板ペイント塗料。
乾燥後は、ベタつきがありません。
チョークが書き消し出来る最適な面になります。
ガラス・セラミックや金属への塗布前には、
アルコールなどで表面をキレイにすること。
2〜3回塗り重ねします。塗り重ねるには、
1〜2時間ごと乾燥。完全乾燥には、24時間。


額(ガラス板)へのペイント1
左:ペイント前  右:ペイント後
※右の画像は、チョークアートしております。

額(ガラス板)へのペイント2拡大
左:ペイント前  右:ペイント後

普通のアクリル絵具と
チョークボードペイントを比較してみました。

各絵具で塗った面に、チョークで描きます。
左:アクリル絵具  右:チョークボードペイント

黒板消しで拭き取ると・・・・

×アクリル絵具の面に描いたチョークは、
黒板消しで、完全に拭き取ることができませんでした。
×チョーク跡が残りました。

  
○チョークボードペイントの面に描いたチョークは、
黒板消しで、カンタンに拭き取れました。
○チョーク跡も残りません。


左:アクリル絵具  右:チョークボードペイント
アクリル絵具上のチョークは、チョーク跡が残りました。
アクリル絵具で塗った面を、
サンディング前、サンディング加工後でも、
その上にチョークで描いて、拭き取ると、
どちらも、チョーク跡が残りました。
ステップ バイ ステップ ホームへ戻る