株式会社セトコ  クラフトストアーセブンタウンズ

ステップ バイ ステップ >カンタンお手軽、絞り出し方法

 広口ボトルのモデリング剤で細い線を描く絞り袋不要
【カンタンお手軽、絞り出し方法】

身近な道具を使い、モデリング剤で細い線を描く方法です。

《モデリング剤各種》
モデリング剤には、
多種多様なボトルに入っています。

そのため、これらのモデリング剤で
線などを描く際は、絞り出し専用の絞り袋や
ノズル付きのボトルにつめ替える方法しか
ありませんでした。

今回はよりカンタンに、よりお手軽に
絞り出せる方法をご紹介します。

モデリング剤のチラシ画像→コチラ

【準備するもの】
■パレット(モデリング剤を練るため)
■パレットナイフ(ボトルからモデリング剤を取り出したりする際に使用)
■食品包装用ラップフィルム
■ハサミ
■セロハンテープ
■ティッシュ

【ステップ1】
パレットに使用する量のモデリング剤を出す。

パレットナイフを使い
モデリング剤を練りましょう。
モデリング剤の中にある塊を
潰すように練りましょう。

モデリング剤が硬ければ、
極少量の水を足します。
入れすぎないように注意。
モデリング剤がスムーズになったら次の行程へ。


【ステップ2】
ラップフィルムを机にひろげ、
練ったモデリング剤を
ラップフィルムの中心にのせる。

【ステップ3】
ラップフィルムを半分に折る。



【ステップ4】
折ったラップフィルムを鋭角な三角に折る。


 

 

 

 

 

鋭角な三角を転がすように丸める。

【ステップ5】
モデリング剤がうしろから溢れ出ないよう、
うしろを縛るか、ねじっておきましょう。


【ステップ6】
鋭角な先を2〜3ミリほど切る。








 

このままのノズルでは、絞り口がまだ弱い。

【ステップ7】
このノズル部分を
ステップ・バイ・ステップ
《ノズル絵具でカンタンに極細ラインが描ける》

の方法でセロハンテープを貼る。

【ステップ8】
お好みのノズル口の大きさにカットすれば
完成です。

ぜひ、この方法を使って、
クリスマスの作品作りに生かしてください。

ステップ バイ ステップ ホームへ戻る