株式会社セトコクラフトストアーセブンタウンズ

ステップ バイ ステップ >シリコーンモールドを使って固形石けんの形を変える

シリコーンモールドを使って
固形石けんの形を変える


市販の固形石鹸を
いろいろなシリコーンモールドの形に
作り変える方法をご紹介。


準備するもの
固形石鹸1コ(植物石鹸80g)
□ピーラー(100均)
□ビニール袋(余裕を持って両手が入る大きさ)
□お湯(水道水)
シリコーンモールド(大きめの物)
※細かいモールドは不向き
パレットナイフ(余分な石鹸を取り除く時)
ドライヤー(温める時)
□不織布マスク
ステップ1
【石鹸を削る。石鹸を細かくする。】
★石鹸の粉塵を吸わないよう、マスクを着用しましょう。

まず、固形石鹸とピーラーをビニール袋の中に入れる。

ピーラーで石鹸を削る。
★袋の中でこの作業をする。
今回は、60グラムほど削りました。

あまり力を入れずに、石鹸を削りましょう。
ピーラーの刃を石鹸に優しく押し当て、
スゥーと滑らすように石鹸を削る。

●左側の画像は、
力を入れて、ガリガリと石鹸を削って、作った石鹸表面。
石鹸の粒子が大きくなり、完成時、凸凹した石鹸表面になります。
※キレイにするには、溶かし作業時間に時間をかける。
●右側の画像は、
力を入れずに、滑らすように削った粒子で作った石鹸表面。
石鹸の粒子が細かく、完成時も表面がきれい。
ステップ2
【削った石鹸の粉に水を足して練り、粘土状にする。】

袋の中に、削った石鹸量の1/3の量のお湯を入れる。

袋の上から揉む。
袋の中、全面に拡げず、隅に寄せながら練り込みます。
※この時、お好みで香りつけにアロマオイルや
オリーブオイル・ハーブ類を入れてもいいのかも。

練り込む間、湯せんやドライヤーで温めると、溶けやすくなります。
ステップ3
【粘土状の石鹸を型に詰め込み、乾燥】

モールドの型隅々まで石鹸を入れるため、
少しずつ、奥溝から石鹸を詰めて行きましょう。

裏面をキレイにするため、少し多めに詰めました。

パレットナイフで余分な石鹸を外側に押し出し、取り除く。

周り全て取り除く。

裏面をキレイに整え、乾燥させる。
※今回は、1日自然乾燥させました。

モールド口を拡げ、モールド裏を押しながら、
乾燥した花の形の石鹸をモールド型から外す。

完成
出来上がった石鹸は
こちら
ステップ バイ ステップ ホームへ戻る