株式会社セトコクラフトストアーセブンタウンズ

ステップ バイ ステップ >べとつく柔らかい紙粘土でもできるキレイな型抜き方法

べとつく柔らかい紙粘土でもできる
キレイな型抜き方法

安価の紙粘土(500g100均)はべとつきがあり、
ものがつきにくいシリコーンモールドであっても、
型抜きしにくく(型から外しにくく)、粘土の形が歪み、
形成された表面は、あまり美しくありません。
そのような、べとつく柔らかい紙粘土でも、
どのお家にもある、ある素材を使えば、
綺麗に型抜きができるので、その方法をご紹介


今回使用する紙粘土(500g100均)
固まる粘土の中では、量が多く安価な紙粘土を使います。
【旧タイプ】通常の今までの型抜き方法

べとつく粘土なので剥離剤(今回はベビーパウダー)を用意。
1)剥離剤をモールド表面に塗布
2)紙粘土を押し込む
3)パレットナイフで余分な粘土を取り除く
(今回は放射状に外に向かって粘土を削いでいます)
4)紙粘土を剥がす(粘土が柔らかくべとつくため、やや剥がしにくいです)
5)粘土が歪みましたが、なんとか型から剥がせました

粘土表面がざらざらと凸凹しています。
表面もまだ柔らかいため、すぐ凹みやすく、
手につきやすい、少し扱いにくい。
そんな型抜きには、扱いにくい
べとつく柔らかい紙粘土。
その粘土を綺麗に型抜く素材が、これです。

トイレットペーパー(二重タイプ)

型抜きに使用する際は、
トイレットペーパーの二重を剥がします。
キレイな型抜き方法

水によく溶けるトイレットペーパーを用意。
1)薄く剥がしたトイレットペーパーをモールドの上に置く
2)紙粘土を押し込む
(押し込む際、粘土が簡単に剥がれやすいので、押さえながら押し拡げる)
3)周りの余分なペーパーは簡単に剥がせます。
(粘土に触れていない所だけが力を入れることなく
簡単に剥がすことが出来ます)
4)パレットナイフで余分な粘土を取り除く
(今回は放射状に外に向かって粘土を削いでいます)
5)モールドを裏返し、モールド裏から少し押すだけで、
簡単に型から剥がせます。
キレイに型抜きができました。
剥がす際も、ポロッと剥がれるので、
粘土の歪みも全く無く、とても美しく型取りできました。
表面も、べとつくことがないので、
パーツとしての扱いが非常に容易です。

また、表面にあるはずのペーパーが、粘土と一体になっており、
表面のペーパーが全くわからりません。
※周りのバリ部分にペーパーの繊維が薄く残ります。

モールド面も、凹み部分に粘土のこりが少なく、
楽にお掃除ができます。


今回は、モールドの深さが浅目なので、
この方法が使えますが、
深いモールドには、この方法は使えません。
レリーフ等のモールドは、浅めの型が多く、
ペーパーを挟む、この方法が有効に使えるので、
オリジナルフレーム装飾にご活用ください。

また、これらの方法を踏まえて
モールドと粘土の剥がし方法を
いろいろ試してみましたので、
下記にて詳細報告。
↓↓↓↓↓
【シリコーンモールドに2タイプの紙粘土を
試して判ったこと《まとめ》】
ステップ バイ ステップ ホームへ戻る